夢をかなえる

夢をかなえる 河本さん親子特集

「夢をかなえる supported by KUMON」は、公文式教室に通う生徒さん、保護者の方、OB・OGの方々の夢に向かって歩む姿を描いたショートドキュメンタリーです。

今回は、BSジャパンで2017年10月31日に放送された「夢をかなえる」にご出演いただいた河本さんをご紹介します。

歌が大好きな心那ちゃんは、生後5ヶ月でベビークモンに入会。表現が上手になり、いろんなことに興味を持つようになりました。そして、一般教室に入ってからも、自分からプリントに取り組む学習意欲や集中力が身についたと、お母さんは実感しています。そして、お母さんも、ベビークモンで子育てにおける大事なことを学んだそうです。

(2017年9月取材・撮影)

※本編はこちらからご覧ください

本記事では河本さんのWEB限定情報を、「夢をかなえる」の撮影風景とあわせて、ご紹介いたします。

夢をかなえる河本さん

Q

公文式教室日以外の、平日のスケジュールを教えてください。

河本さんの一日

Q

ベビークモンをしてみて、よかったと思うことがあればお聞かせください。

Q

子どもの反応が最初はわかりませんでしたが、先生から教えていただいたことで、子どもの反応がよく見えるようになりました。反応があると、もっとやってあげたいと思うようになりました。
子どもが、私が歌った歌や絵本を喜んで、覚えてくれたりするとやってきてよかった!と心から思います。右も左もわからない子育ての中、先生とベビークモンセットの存在のおかげで、不安が楽しみに変化しました。

ベビークモン教材と河本さん

Q

ベビークモンの教材の中で、お子さまの反応がよかったものや、お子さまが気に入った本や歌等があればお聞かせください。

Q

やりとりぶっく4の「どんなかお?」で遊ぶと絵に合わせて顔まねをしてくれるようになりました。それ以降、どんどん反応を示すようになり、気持ちを表現できるようになりました。自分の感情の表し方がわかって楽しかったようです。
また、『くろくまくん』シリーズ絵本3冊は、今でもよく読んでいて大好きです。他にも絵本では『くんくんくん』を今でも読んでいます。

Q

ベビークモンセット(うたぶっく&CD、えほん、やりとりレシピ、ベーシックブック、れんらく帳)の中で、お母さまが気に入られたもの(魅力と感じたもの)と、その理由をお聞かせください。

Q

『れんらく帳』は、私にとって育児日記のようなもので、1ヶ月の成長や私自身の悩みなど、たくさん書くことができ、宝物です。

Q

ベビークモンを経て、公文式に入会してよかったと思うことがあればお聞かせください。

Q

朝食を食べたら自分から「くもんするー!」と持ってきて、毎日の習慣がつきました。また、新しいプリントをすることが大好きで、何でもチャレンジする力がつきました。

Q

子育てをする上で役立った、くもんの先生からのアドバイスがあれば教えてください。

A

読みきかせを続けていましたが、絵本に興味を示さないこともありました。そんな時に、月1回の先生とのベビークモンタイムで言われた「大丈夫だよ」の一言に助けられました。「お母さんも諦めずに続けてね」とエールを送られ、今月も頑張ろうとリセットできました。

河本さん親子

Q

子育てをしている中で嬉しかったことや、エピソードがあれば教えてください。

Q

妹が泣いていると、『うたぶっく』を持ってきて何曲も歌ってあげたり、絵本を持ってきて読んであげたりするようになりました。ベビークモンを通して、妹に優しく接してあげられるようになったので、親としてもとても嬉しい気持ちになりました。

絵本を読む河本さん親子


河本さん、ありがとうございました!

くもんのおすすめ口コミコンテンツ

もっと特集記事を読む もっと特集記事を読む
もっと特集記事を読む もっとみんなの口コミのまとめ記事を読む
コラボレーションサイト

コラボレーションサイト

  • 美しい文字を書く人になる 百人百筆
  • 大手企業の内定学生に聞いた 私たち一人ひとりの「やっててよかった、公文式!」
  • 東大生新聞