夢をかなえる

夢をかなえる 西田さん特集

「夢をかなえる supported by KUMON」は、公文式教室に通う生徒さん、保護者の方、OB・OGの方々の夢に向かって歩む姿を描いたショートドキュメンタリーです。

今回は、BSジャパンで2017年4月25日に放送された「夢をかなえる」にご出演いただいた西田さんをご紹介します。

バトミントンに夢中の小学6年生の妃織さん。茨城県の強化選手に選ばれるほどの腕前を持つ彼女は学習にも一生懸命で、小学3年生から始めたKUMONの英語は中学3年生レベルの教材を学んでいます。英検は4級を取得。 TOEFL Primary(R)でも高いスコアを獲得しました。繰り返し学習することで、課題を克服し、学習する楽しさ感じながら、自主的に学習する習慣と、集中力を身につけたといいます。看護師になりたいという夢に向かって、邁進しています。

(2017年3月取材・撮影)

※本編はこちらからご覧ください

本記事では西田さんのWEB限定情報を、「夢をかなえる」の撮影風景とあわせて、ご紹介いたします。

夢をかなえる西田さんの写真

Q

公文式教室日以外の、平日のスケジュールを教えてください。

西田さんの一日

Q

くもんを「やっててよかった」と思うのはどんな時ですか?

Q

限られた時間の中で集中するようになり、少ない時間でしっかり学ぶことができました。

Q

くもんの学習の中で、スランプはありましたか?あった場合は、どのように乗り越えられたか教えてください。

Q

くり返し学習を増やし、時間をかけて、ていねいに勉強するようになりました。

くもんの学習をする西田さん

Q

くもんの英語教材や英語の学習法はどんなところが良いですか?(楽しいところや面白いところなども)

Q

毎日コツコツできるところです。また、声を出して音読するところや、E-Pencilでわからない単語を聞けるところも良いと思います。

Q

くもんの英語を学習して実感している成果や、実際に役に立ったエピソードがあれば教えてください。(学校の授業で感じた事なども)

Q

学校の授業で英語の先生が話していることを、みんなに教えてあげたりできることに役に立ちました。

E-Pencilを使う西田さん

Q

ご自身にとって、くもんの先生はどんな存在ですか?

Q

わからないことを教えてもらったり、音読を聞いてもらったり、採点してもらったりする、なくてはならない存在です。

Q

将来の夢は何ですか?

Q

看護師さんになることです。

Q

全国のくもんを学ぶ後輩にメッセージをお願いします!(応援メッセージ等)

Q

だんだん教材の学年が上がるごとにやるのは大変になりますが、がんばった分、身につくのでこれからも諦めずにがんばってください!

くもんの先生について話す西田さん

保護者様へのご質問

Q

お子さまに、公文式学習をさせていて、よかったと思うことがあればお聞かせください。

Q

自分から勉強に取り組むようになりました。
また、難しい問題もがんばってクリアしていくたびに、前向きに勉強するようになり、1人で集中することも覚えました。なにより勉強でついた力がわかりやすいのでよいです。

Q

お子さまが公文式学習に意欲的に取り組み、継続できるように親として心がけてこられたことや、関わり方などがございましたら、お聞かせください。

Q

毎日少しずつを心がける大切さを話しました。
また、決まった枚数を自分の生活リズムの中で、いつできるのか、何枚できるのか、考えて勉強するように話しました。勉強とは何のためにするのかも、よく話し合いました。

西田さん、ありがとうございました!

KUMON BUZZ PLACE 関連記事&おすすめ記事

もっと特集記事を読む もっと特集記事を読む
もっと特集記事を読む もっとみんなの口コミのまとめ記事を読む
コラボレーションサイト

コラボレーションサイト

  • 美しい文字を書く人になる 百人百筆
  • 「公文式の英語」が英検に強い理由
  • 大手企業の内定学生に聞いた 私たち一人ひとりの「やっててよかった、公文式!」
  • 東大生新聞