夢をかなえる

夢をかなえる 内野さん特集

「夢をかなえる supported by KUMON」は、KUMONの教室に通う生徒さん、保護者の方、OB・OGの方々の夢に向かって歩む姿を描いたショートドキュメンタリーです。

今回は、BSジャパンで10月27日に放送された「夢をかなえる」にご出演いただいた内野さんをご紹介します。

Baby Kumon(ベビークモン)を卒業し、KUMONの教室で国語と算数を学ぶ4歳の亜音ちゃん。今では自分から机に向かい、積極的に学習に取り組んでいます。楽しくひらがなを学ぶ亜音ちゃんを、やさしい目で見つめるお母さんがKUMONで学んだ大切なこととは?
(2015年10月取材・撮影)

※本編はこちらからご覧ください

本記事では内野さんのWEB限定情報を、「夢をかなえる」の撮影風景とあわせて、ご紹介いたします。

Q

Baby Kumon をしてみて、よかったと思うことがあれば、お聞かせください。

Q

年齢に合った教材を使うことで親子のやりとりがスムーズにでき、ムリなく言葉の世界が広がりました。
月に一度教室に通うことで教室に慣れ、年上の子どもたちがお勉強している姿を見ていたので、公文式を始める時も抵抗なく通うことができました。

内野さんの写真

Q

Baby Kumon の教材の中で、お子さまの反応がよかったものや、お子さま(ご長女)が気に入った本や歌などがあればお聞かせください。

Q

«本»
「おかあさんとあるく」「まだかなまだかな」「すきなものなーに」「あけてあけて」「なかよしはいたっち」「なまえをよんで」等、どれもリズムがよく、聞きやすいようです。
«カード»
食べ物の断面がわかるカード(「きってみようカード」)はよく手にとっていました。

Q

Baby Kumon セット(うたぶっく&CD、えほん、やりとりレシピ、ベーシックブック、れんらく帳)の中で、お母様が気に入られたものと、その理由をお聞かせください。

Q

«えほん»
どれも心地よいリズムで小さい子どもが聞きとりやすいようで、いまでも読んでと持ってきます。
「なまえをよんで」は、子どもたちの名前を一緒に呼んであげると、とても喜びました。
«れんらく帳»
子どもの何気ない成長に気づくことができました。

問題回答の様子

Q

子育てをする上で役立った、KUMONの先生からのアドバイスがあれば教えてください。

Q

先生のご自身の子育てのお話も大変参考になりました。
読み聞かせの大切さを教わりました。

Q

幼児期からKUMONを学習されているお子さま(ご長男)が小学生になった今、KUMONに通わせていてよかったと思うことがあれば教えてください。

Q

学校でプリントをする時に一番早くできたり、テストで100点をとれることが自信につながり、お勉強以外でも、積極的に学校生活を楽しめているようです。

内野さんの家族写真

Q

子育てをしている中でうれしかったことや、エピソードがあれば教えてください。

Q

3人の子どもたちの子育ては、毎日本当に忙しくて目がまわりそうな時もありますが、3人それぞれに良いところがあり、お互いにいい影響を与え合いながら、親の見守る中で自分たちの力を伸ばし、成長していると感じます。この子たちの親になれてよかったと思います。
長男はまだ一年生ですが、物事を理論的に考え、冷静な意見にハッとさせられます。妹たちは穏やかで優しい雰囲気をもたらしてくれます。子どもたちから学ぶところも多く、私自身も人として成長過程にあると感じます。

内野さん、ありがとうございました!

もっと特集記事を読む もっと特集記事を読む
もっと特集記事を読む もっとみんなの口コミのまとめ記事を読む
コラボレーションサイト

コラボレーションサイト

  • 美しい文字を書く人になる 百人百筆
  • 「公文式の英語」が英検に強い理由
  • 大手企業の内定学生に聞いた 私たち一人ひとりの「やっててよかった、公文式!」
  • 東大生新聞