夢をかなえる

夢をかなえる 山本さん親子特集

「夢をかなえる supported by KUMON」は、公文式教室に通う生徒さん、保護者の方、OB・OGの方々の夢に向かって歩む姿を描いたショートドキュメンタリーです。

今回は、BSジャパンで2017年1月31日に放送された「夢をかなえる」にご出演いただいた山本さん親子をご紹介します。

すうじを上手に読める3歳の陽翔(はると)くんは、1歳10か月からベビークモンを開始。当時、お母さんは、子育てに悩みや迷いを抱えていました。先生からのアドバイスを通じて、子育ての楽しさを実感し、自信がついたそう。陽翔くんも、お母さんや先生に誉められることで自信がついて、積極的に学習に取り組んでいます。お母さんは、「子育てに自信を持ち楽しくなった」と陽翔くんの成長を見守っています。

(2016年12月取材・撮影)

※本編はこちらからご覧ください

本記事では山本さん親子のWEB限定情報を、「夢をかなえる」の撮影風景とあわせて、ご紹介いたします。

Q

公文式教室日以外の、平日のスケジュールを教えてください。

山本さんの一日

Q

ベビークモンをしてみて、よかったと思うことがあればお聞かせください。

Q

ベビークモンとくもんを続けた事で、かずや言葉が割と早く、家だけでなく外でも、誉められることが増えて本人の自信につながり、保育園でも積極的になったところ。また、座る姿勢が良くなり、集中力や忍耐力がついたところです。

夢をかなえる山本さんの写真

Q

ベビークモンの教材の中で、お子さまの反応がよかったものや、お子さまが気に入った本や歌等があればお聞かせください。

Q

<本> 「かわるかわる」「ぐらぐらスプーン」「ぼくのぼうし」
<歌> 「おにのパンツ」「いぬのおまわりさん」「ももたろう」「はとぽっぽ」

Q

ベビークモンセット(うたぶっく&CD、えほん、やりとりレシピ、ベーシックブック、れんらく帳)の中で、お母様が気に入られたもの(魅力と感じたもの)と、その理由をお聞かせください。

Q

<本> 「かわるかわる」
<理由>「?なって」というフレーズの繰り返しとリズムが印象的な本で、心地よい音感が気に入って毎日寝る前に読みました。それまで選ばなかった新しい絵本に出会えて、お互い読み聞かせがより楽しい時間になりました。

夢をかなえる山本さんの写真2

Q

ベビークモンを経て、公文式に入会してよかったと思うことがあればお聞かせください。

Q

先生と教室に慣れていたため、くもん初日もいつもと変わらずすんなりとスタートをきれたところです。お勉強というよりも、先生に花丸100点をもらって、誉めてもらう所だと思って楽しんで通っています。

Q

子育てをする上で役立った、くもんの先生からのアドバイスがあれば教えてください。

Q

誉めて育てることの大切さを教わりました。実際、先生はいつもポジティブで具体的に誉めている姿が参考になりました。読み聞かせの時の視線を視察するというのも、息子の理解を深めるのに役立ちました。

夢をかなえる山本さんの写真3

Q

子育てをしている中で嬉しかった事や、エピソードなどがあれば教えてください。

Q

通っているナーサリーで先生から伺ったお話で、1歳の時、朝礼で先生と一緒に前に出て10を数えていると聞いた時、ベビークモンとくもんをやっていることで自信がつき行動につながったと思い、すごく誉めた事を覚えています。

山本さん、ありがとうございました!

もっと特集記事を読む もっと特集記事を読む
もっと特集記事を読む もっとみんなの口コミのまとめ記事を読む
コラボレーションサイト

コラボレーションサイト

  • 美しい文字を書く人になる 百人百筆
  • 「公文式の英語」が英検に強い理由
  • 大手企業の内定学生に聞いた 私たち一人ひとりの「やっててよかった、公文式!」
  • 東大生新聞