くもん親子2世代物語 山﨑家のくもん DNA
くもん親子2世代物語 山﨑家のくもん DNA

山﨑さん親子が公文式について語ります。

山﨑家 プロフィール
山﨑家 お母さん
学習教科:数学P・国語R・英語O
学習期間:8年間
出身大学:札幌医科大学
山﨑家 息子
学習教科:算数5A・国語7A
学習期間:2歳~
年齢:3歳

パパ、ママの教材進度は、当時の教材レベルです。一部は現在より難易度が高いものもあります。

お子さまの年齢、進度は2016年3月取材時のものです。

親のQ&A

公文式を「やっててよかった」と思うのはどんな時ですか?

小5~高3まで学習していたKUMONのおかげで毎日勉強する習慣が身についたことがよかったと思います。高校生の時、数学の抜き打ちテストでも100点を取ることができました。現在、医者としての仕事で英語の論文を読む際も、KUMONでたくさんの英文を読んでいたことが役立っています。

当時のKUMONの先生はどんな先生でしたか?

私がスランプに陥った時も励ましてくれ、学校であった何気ないこともよく聞いてくれる、器がとても大きい先生でした。

今、わが子のやる気を引き出すためにしていることは?

カレンダーとシールを用意し、KUMONを1教科やったらカレンダーにシールを1枚貼るというルールを決めました。シールがたまっていくのが嬉しいようで、自分からKUMONをやり始める時もあります。

KUMON経験者として、わが子に思うことは?

学力はもちろんですが、試練を乗り越えていくための忍耐力や集中力、じっくりと考えることや何かを達成することのおもしろさを、KUMONを通して知り、身につけていって欲しいです。そのためには、学習枚数を調整したりしながら、毎日KUMONをやるという習慣をつけ、息子のペースで長く続けていけたらいいなと思っています。

KUMONを学ぶわが子にメッセージをお願いします。

いつも人一倍元気な息子が、KUMONをやる時は集中してがんばっています。今後つらい時があるかもしれないけれど「がんばっていれば必ずいいことがあるよ! いつも応援しているからね」と伝えたいです。私自身も予想していなかったけれど、息子と親子2世代でKUMON生になれたことはとても嬉しく、私の誇りです。
山﨑親子の写真

子のQ&A

KUMONで、楽しい、おもしろいと思うのはどんな時ですか?

すうじを数えることが好きです。ズンズン教材で線を引くのも楽しいです。

KUMONの先生は、どんな先生ですか?

いつも「すごい!」と褒めてくれる先生です。宿題と一緒にお手紙をくれたりもします。

将来の夢はなんですか?

電車の運転をすることです。ドクターイエロー(点検用の新幹線車両)に乗りたいです。KUMONの教室にも、大好きなドクターイエローの筆箱を持っていっています。この筆箱を机の上に置きながら、楽しんでKUMONをやっています。

山﨑家のKUMONアイテム

今も残るくもんをがんばった証

親:

今も残るKUMONをがんばった証

研究コースを修了した時にいただいた置時計。今でも家に大切に置いてあります。

山﨑様、ありがとうございました!